カウンセリング・相談機関を初めて利用するときの3つのポイント

目安時間:約 8分

初めてカウンセリングや相談機関を利用するのは

 

とても勇気がいることです。

 

(緊張するよね…。ぼくもそうだよ。)

 

 

カウンセリングや相談機関への相談に限りませんが、

 

勇気を出して

 

相談したり助けを求めたりしたのに

 

手をさしのべてもらえなかったら

 

つらいしショックですよね。

 

 

 

相談したり助けを求めて

 

助けてもらえた経験があったら

 

次も同じやり方で助けてもらいやすくなります。

 

 

そのため、相談や助けを求めることのできる人は

 

引き続き助けを求めるハードルが低くなります。

 

 

 

逆に、勇気をだして相談したり助けを求めたりしたのに

 

相談にのってもらえなかったり助けてもらえなかったり

 

 

また、相手が力になれない場合でも

 

納得できる理由がなかったら

 

 

つらいし、次に助けを求めるのをためらうなど

 

助けを求めるハードルが上がってしまいます。

 

 

 

そこで今回は、カウンセリングや相談機関を

 

初めて利用するときに、抑えておきたい

 

3つのポイントをお伝えします。

 

 

 

1.カウンセラーもひとりの人間

 

実は心理士やカウンセラーも

 

初めての相談者に対してはやはり少し緊張しています。

 

(え?私だけ?w)

 

 

初めてだと、どんな方かな?

 

お力になりたいけど、なれるかな?と思うものです。

 

 

 

たとえば、初対面であっても

 

切羽詰まっていたり、苦しくてどうしようもなかったりして

 

助けを求めたい相手に対して

 

怒鳴ったり、逆上したりする場合があります。

 

 

特にカウンセリングや相談にくるかたは

 

つらい思いを抱えているので、それは仕方ないんです。

 

 

 

心理士やカウンセラーはそうせざるを得ない気持ちを

 

理解するよう努めていますし、訓練しています。

 

 

 

しかしながら、訓練で鍛えられている

 

心理士やカウンセラーであっても人間ですから、

 

怒鳴られるとつらいし、怖いんです。

 

そこは人と人との関係ですから当然なんです。

 

 

つらくて難しい場合もあるので

 

可能な範囲でカウンセラーも人間だということを

 

頭のすみに置いておいてくれたら

 

カウンセリングや相談がスムーズにいきやすくなります。

 

 

 

 

2.それぞれの機関で決まっている質問をされる

 

 

相談やカウンセリングに行くと

 

初めにいろいろ質問される場合が多いです。

 

 

なぜなら、それぞれの機関で初めにお会いした

 

利用者(相談者)に対してする質問が決められています。

 

 

その質問の回答は

 

これから行うカウンセリング等に必要だったり

 

機関としてどのようにしたら相談しやすいかなどの

 

運営にいかされたりします。

 

 

なので、答えられる範囲で答えてみてください。

 

 

もちろん、答えたくない場合は

 

「すみません。答えたくないのです。」等、伝えれば大丈夫です。

 

 

なぜ、そんなことを聞くのか

 

どうしても気になったら、質問してみてもいいですね。

 

「なぜ、その質問をするのか教えてもらえますか?」と。

 

 

大抵は「すみません、皆さんにお伺いしてるんです。」

 

「統計で必要なアンケートなので、お伺いしています。」

 

等の回答があると思います。

 

 

 

3.話したいことを紙に書いておく

 

伝えたいことをうまく伝えるのって

 

案外、難しいです。

 

 

特にカウンセリングや相談機関は

 

カウンセリング時間が決まっていることがほとんどです。

 

 

なので、終わった後で

 

しまった!あれを言いたかったのに忘れてた

 

なんてことが起こります。

 

 

 

そのため、事前に伝えたいことを紙に書いてみましょう。

 

紙に書いていくうちに

 

伝えたいことがまとまりますし

 

相談するときに特に伝えたいことがみえてきます。

 

 

カウンセリング前や後にその紙を見返すこともできますね。

 

 

(にゃるほど。相談にいってみてもいいな。猫だから紙に書けないけどね。)

 

 

この3つのポイントを抑えれば、

 

相談しやすくなりますよ。


そのイライラ、本当の気持ちが隠れているかも

目安時間:約 5分

ムカつく、腹立つ、イライラ、苦しい、

 

つらい、寂しい、悲しい…。

 

 

なぜ、こんな気持ちになるのか。

 

 

そんな気持ちに隠された

 

本当の気持ちがあります。

 

 

 

それは

 

 

本当はわかってほしい。

 

優しくしてほしい。

 

大事にしてほしい。

 

愛してほしい。

 

 

そんな気持ちなのかもしれません。

 

 

 

 

なぜ、本当の気持ちが

 

見えなくなって

 

わからなくなってしまうのでしょうか。

 

 

 

本当の気持ちは、心からの願いです。

 

 

心からの願いが叶わないのは

 

つらくて苦しい。

 

 

 

だから、わからないようにフタをする。

 

そうすることで日常を過ごすことができるから。

 

 

日常を過ごすことができるって

 

大切なことだから

 

フタをすることができるのは

 

人間の大事な能力です。

 

 

 

でも、隠された気持ちが

 

ときどき顔をだすことがあります。

 

 

ムカつき、腹立だしさ、イライラ、苦しみ、

 

つらさ、悲しみ、寂しさとして。

 

 

 

そんなサインが顔を出したら

 

自分を大切にしてあげてください。

 

 

そして、落ち着いたら

 

自分の本当の気持ちや願いはなんなのか

 

考えてみてもいいですね。

 

 

 

私も本当の気持ちが見えなくなることがあります。

 

忙しいときなんかは特に

 

本当の気持ちが見えなくなります。

 

 

 

仕事、家事、育児に追われて

 

目の前のことをこなすので精一杯で

 

ついイライラしたり…。

 

 

 

そういうときは

 

なるべく自分を大切にするよう心がけます。

 

 

家事はできる限りやらない!w

 

掃除は後回しで食事は出来合いのものにして

 

自分が休んだり、リラックスしたり

 

リフレッシュしたりする時間を作るようにします。

 

 

 

「疲れてるから、今から私は寝るね」と

 

家族に宣言することもあります。

 

 

疲れやイライラがたまったときは

 

何も言わずにふて寝してしまうこともありますが(おいw)

 

 

私も練習中です。

 

一緒に自分や自分の本当の気持ちを

 

大切にしてみませんか?


自分も他人も許せなかった〜機能不全家族で育った影響〜

目安時間:約 5分

私は機能不全家族で育ちました。

 

 

子どもの頃は、親の機嫌や様子に気をつけて

 

家庭の雰囲気を明るく楽しくしようと

 

ピエロ役をしていました。

 

 

それで家族の雰囲気がよくなるのが嬉しかったし

 

役に立ててる喜びがあった。

 

 

 

でも、成長するにつれてだんだんと

 

自分の家族はおかしいと気づきます。

 

 

私が努力して

 

家庭の雰囲気をよくしようとしていたことは無駄だった。

 

 

家族のために頑張ってきたのに

 

親は私を大切にしてくれていない。

 

 

こうして親を許せなくなりました。

 

 

そして、私は私自身を

 

自分はだめな家族で生まれ育った悪い子だから

 

もっと頑張らなくては。

 

 

家族が悪いと思いつつ

 

自分のせいだ、自分が悪いという気持ちも

 

抱えていました。

 

 

自分が失敗したら自分のせいだから

 

努力してよくしよう、よくできる。

 

 

できないのは自分のせい。

 

もっと頑張るしかない。

 

 

若さもあってか本気で思っていました。

 

 

いま振り返ると

 

ものすごく苦しい生き方だよね…。

 

いばらの道を突き進んでいた…!w

 

 

この頑張りが他のいい方向に向いていれば

 

報われたんだろうけど

 

 

ただただ自分や他人に厳しいだけで

 

報われなくて、苦しくなっていました。

 

 

 

自分が悪いのかもしれない

 

自分のせいかもしれない

 

 

という思いが捨てきれず、がんじがらめになり

 

自分に厳しくするのをやめられませんでした。

 

 

 

どうやって抜け出せたのか?

 

心理学や家族関係について学び

 

自分と家族を客観的に見つめる力を養いました。

 

 

 

すると、時間はかかったけれど

 

私は悪くなかった、

 

親は親の人生を生きていて

 

私が親を変えるのは非常に困難であること、

 

私のせいだと思わなくていいことがわかりました。

 

 

 

そうして、自分を許せるようになっていきました。

 

自分を許して、自分を大切にすることで

 

周りを許せるようになっていきました。

 

 

もしも、同じような境遇で苦しんでいるかたがいたら

 

自分を責めなくていいと気づいてほしい。

 

そして、自分に優しくしてください。

 

 

寒かったら暖かくして、暑かったら涼しくして、

 

お腹が空いたらおいしいものを食べて。

 

 

自分を大切にしてみてください。


何度も謝ってしまうのはなぜ?〜機能不全家族で育った影響〜

目安時間:約 5分

この間、久しぶりにわが家で

 

すき焼きをしました。

 

 

家族も私も、久しぶりのすき焼きに

 

ウキウキわくわく。

 

 

しかし、なんと私

 

炊飯器のふたを開けたまま

 

ごはんを炊いていましたwww

 

 

ショック…。

 

すき焼きに白いごはんがないなんて…。

 

 

ごはんはカピカピに乾いて

 

固くなっていました。

 


私は家族に「ごめん!ごめん!」と謝りました。

 

家族は笑っていましたが

 

私は繰り返し「ごめん」と言っていました。

 

 

 

普通のごはんの日なら

 

1回の「ごめん」で終わりにしていましたが

 

 

楽しみにしていたすき焼きの日なのにという

 

罪悪感のようなものがあったから

 

謝り倒したんだと思います。

 

 

 

結局カピカピのごはんの下は

 

普通に炊けていましたwよかったw

 

 

結局、すき焼きとごはんを

 

おいしく食べることができました。

 

 

 

このできごとから考えたのは

 

自分がなにか失敗すると

 

「ごめん」と何度も言ってしまうのはなぜ?ということ。

 

 

 

私は「ごめん」と謝ることで

 

相手から「大丈夫だよ。気にしないで。」と

 

言ってほしいと感じていた。

 

 

 

失敗して嫌われていないか不安になるから

 

嫌われていない、大丈夫だという安心がほしい。

 

(今の家族に嫌われてしまうとは思わないけど、

 

昔の経験が私の心に不安を呼び起こしてしまう。)

 

 

 

不安を早く取り除きたい。

 

だから、相手が大丈夫と言うまで何度も謝ってしまう。

 

 

 

そして面倒なことに私は

 

相手にも謝ってよと思ってしまうことがある。

 

 

なぜ、こうなるのか。

 

 

それはやっぱり機能不全家族で育って

 

自分の行動ひとつひとつが

 

 

間違えてないか

 

迷惑をかけてないか

 

役に立てたりして相手にとってよいことか…

 

 

などと厳しく考えていたから。

 

 

 

たまにその頃の癖がでてしまう。

 

 

 

同じように何度も謝ってしまうかたがいたら

 

まずは安心や安全を感じる経験や時間を

 

自分にあげてください。

 

 

安心や安全、リラックスした気持ちって

 

こんな感じなんだな。と。

 

 

そういう経験や時間を重ねることで

 

少しずつ不安から離れられるようになります。

 

ここまで読んでくれてありがとう。

 

私もまた、安心やリラックスの時間を

 

自分にプレゼントしていきます。


アフターコロナの仕事探し

目安時間:約 5分

職場は入ってみないとわからない。

 

ですが、傾向はあります。

 

 

そこで、アフターコロナの現在の就職活動について

 

おすすめを語ります。

 

 

私のブログを見てくださるかたは

 

人間関係や自分に自信がないかたが多いと思うので

 

そのあたりを踏まえておすすめしますね。

 

 

 

コロナウィルスという非常事態で

 

各企業の対応がみえやすくなりました。

 

 

この彼氏でいいのか確認したいときは

 

旅行という非日常に出かけて

 

突発的なトラブルなどに対する

 

彼氏の対応をみるよういいますよねw

 

それと同じです。

 

 

 

社員・従業員に手厚い職場は

 

職場内も穏やかな場合が多いです。

 

 

会社が社員を大切にする社員が非正規、バイトやパートを大切にする

 

という循環が起こりやすいのです。

 

 

 

コロナで就職活動が難しいいま

 

気になる会社はどうか見てみてください。

 

 

例えばスーパーのライフは

 

コロナウィルスのなかで頑張る従業員に

 

手当てや休みを作りました。

 

 

社員や従業員を大変にしている姿勢が伝わってきますよね。

 

 

 

 

応募したい企業があまりない場合

 

この時間をつかって

 

仕事や副業について学ぶこともおすすめです。

 

 

私自身も学んだ、オンライン起業スクールでは

 

11万円相当の内容を無料で学ぶことができます。

 

 

 

 

また、男性へのおすすめの一例になりますが

 

仕事が続かなかったり

 

職場の人間関係に悩みやすかったりする男性は

 

力仕事があること、かつ女性がいる仕事を視野に入れてみるのもいいでしょう。

 

 

力仕事で頼られたり

 

気にかけてもらえたりする場合が多いのです。

 

 

体の特徴として、男性は

 

一般的には女性よりも力があるので

 

 

介護施設や障害者等の施設、配送、郵便局などに

 

目を向けてみるのも手です。

 

 

 

また、女性のなかには

 

世話焼きな人がいることが多いです。

 

 

あなたが真面目にコツコツと取り組む姿を

 

みていてくれる場合が多いです。

 

 

 

ただ下心は見破られてしまう場合があるので

 

下心はださずに、しっかり仕事に取り組んでくださいね。

 

 

あなたにとってよい仕事が見つかりますように。

 


カテゴリ:仕事  [コメント:0]

履歴書の長所短所がうまく書けない〜機能不全家族で育った影響~

目安時間:約 4分

履歴書に長所短所を書く欄がありますよね。

 

私の場合、機能不全家族で育って

 

無理に頑張っている状態のまま

 

長所短所を捉えていたので

 

 

本来の自分とはズレたまま

 

一生懸命自分を掘り下げていたことがあります。

 

 

そんな私の履歴書の失敗を振り返ります。

 

 

 

 

私は機能不全家族で育って

 

親の機嫌や様子を常に気にしてきました。

 

 

 

その影響で、家庭でも外でも

 

特に目上の人の機嫌を気にするタイプだったので

 

長所を「積極的に人に話しかけて盛り上げるタイプ」

 

と書いていましたww

 

 

 

うん、合ってる!

 

合ってるんだけど、自分が無理して

 

頑張って話しかけてヘトヘトになっちゃってるよねw

 

 

本当はそれ得意ではないんだよねw

 

違う方向で頑張っちゃってるよねw

 

それ若さでなんとかやれてたんだよ〜!

 

 

でも若いから気づかないよね、それもわかるw

 

 

 

書いててちょっと悲しくなりました。

 

画像の猫の表情のようにw

 

けなげだったなぁ(自分で言うかw)

 

 

 

 

こんなふうに機能不全家族で育つと

 

自分自身を捉えるのにズレがでることがあります。

 

 

 

もちろん機能不全家族で育ったとしても

 

ズレがなく、やっていける人はいます。

 

それはとても素晴らしいことだし、うらやましいですw

 

 

 

 

私みたいにズレがある人は

 

気づいた時点で修正していくのがいいでしょう。

 

 

 

私も思いっきりズレがありましたが

 

気付いて修正していきました。

 

 

 

自分を捉えるのって簡単なようで難しいから。

 

 

 

そんなふうに自分のことってなかなかわからないけれど

 

歳を経るごとにわかってくることもあり

 

 

それが人の成熟したさまや

 

人としての厚みをつくっていくんです。

 


自己啓発セミナーに行った理由

目安時間:約 4分

私は若い頃、よく自己啓発セミナーに行っていました。

 

その経験から、自己啓発セミナーについて

 

考えたことを書きます。

 

 

自己啓発セミナーでは

 

実際に体験したり、人とやりとりしたりできるからこそ

 

学べることがあるし、理解が深まります。

 

 

だけど、ひとりで黙々と勉強してるだけでもいいはずです。

 

けれど、やっぱりよく自己啓発セミナーに行っていました。

 

 

その頃の私は、なにを求めていたのかなと振り返ってみました。

 

すると、その頃の私は

 

「学びたいから!」

 

と思い込んでいたけど

 

 

振り返ってみると、本当は

 

居心地がいい

 

自分を尊重してもらえる

 

いい人ばかりで楽しい

 

という理由でした。

 

 

 

自己啓発セミナーって気持ちいいんですよ。

 

褒め合いしたり

 

意見を真剣に聞き合ったりすることが多いんです。

 

 

すると、自分がすごく尊重されて

 

大切にされるのを実感できます。

 

自分自身を誇らしく感じられます。

 

それが嬉しいし、気持ちがいいんです。

 

 

 

それに、勉強っていうと

 

周りから「えらいね」って褒められますw

 

 

 

自己啓発セミナーに行くのはオッケーだし

 

どんなメリットがあってもすべてオッケー。

 

 

自己肯定感が高まる体験がしたい、

 

自分を大切にしたい、

 

もちろんオッケー。

 

 

 

自己啓発セミナーに行っていた時期の私も

 

自分が居心地のいい経験を

 

自分にたくさんさせたかったから

 

(そのときは意識していなかったけどw)

 

 

自己啓発セミナーでそういう体験をすることが

 

自分を幸せにするならオッケー。

 

(ただ、怪しい自己啓発セミナーもあるかもしれないので

 

そこは気をつけてくださいね。)

 

 

 

 

さらに学んだことを日常生活に活かしたり

 

人との関係をよくしたりという効果がでてくるかもしれませんね。

 

 

いいとか、悪いとかではなく

 

私はなにを求めてやっているのかなと

 

考えてみるのも、ときにはいいのでは

 

というお話でした。

 

 


相談できないのはなぜ?~機能不全家族で育った影響~

目安時間:約 6分

臨床心理士のはなです。

 

 

機能不全家族で育つと

 

さまざまな弊害が起こりやすくなります。

 

 

 

私自身が機能不全家族で育ったので

 

そのつらさを実感しながら生きてきました。

 

 

話口調で言うなら

 

「あ〜!マジできつかった!もう思い出したくもないわ〜!」

 

ですw口が悪いw

 

お口直しに甘いものをどうぞw↓↓

 

 

機能不全の家庭にいるときは

 

ほとんどいつも緊張状態で

 

親などの家族の機嫌や様子を気にせざるを得ません。

 

 

 

そのため、家庭の外でも緊張していたり

 

人の機嫌や様子を気にしたりしがちです。

 

 

それにより、人を避けるようになったり

 

逆に機嫌を取ろうとしたり

 

イライラしやすかったりします。

 

 

 

これらを他の人に相談すると

 

気持ちが軽くなったり解決したりするどころか

 

余計に辛くなっていました。

 

「親は頑張っているのよ。」

 

「あなたのことを愛しているから厳しくするんだよ。」

 

「あなたが親に優しくしてあげなくちゃ。」

 

 

その人は私や親のためを思って言ってくれました。

 

しかし、その人は普段の私の家庭の様子を

 

実際に見ているわけではありません。

 

 

だから、私の気持ちやつらさを想像するのは

 

その人にとってはとても難しいんです。

 

 

 

その励ましは

 

「あなたの見方がおかしい。親は頑張っているのだから、

 

親に優しくできないあなたが悪い。あなたが努力すべき。」

 

そう言われているようで、余計につらくなりました。

 

 

 

親が嫌でどうしようもないのに。

 

今まで頑張ってきたけれど、うまくいかなかったのに。

 

でもまだ努力が足りない。

 

自分が悪い、恥ずかしい、情けない。

 

 

 

そんなふうに、現実でつらい上に

 

自分はダメな人間だと思う。

 

 

いつもつらくて、つらいのが当たり前になってしまう。

 

相談したい気持ちが湧いても

 

前に相談して辛くなった経験があるから

 

また同じ結果になりそうだと感じる。

 

 

余計に辛くなって消耗するなら

 

今の辛さを淡々とやり過ごすほうがまし。

 

だから相談しない。

 

そんなふうになってしまいました。

 

 

自分で抱え込みやすくなってしまうんですね。

 

 

 

 

今でも相談は苦手です。

 

でも、相談できる内容、相手、時間や場所を選んで

 

相談することはできるようになってきました。

 

できることからでいいんです。

 

大丈夫そうだなと思えるところからやっていけばいいんです。

 

それが自分を守ることにつながります。

 

見極める力をつけていきましょう。

 

 

私は相手をよーく見て

 

滅多なことでは相談しません。

 

 

ネットでヒントや答えを探しますw

 

(仕事はまた別です。仕事で困ったときには相談しています。

 

私、意外とまともなんですよw)

 

 

現在ネットはお手軽かつ調べやすいので、おすすめです。

 

答えが見つからなかったら、また別の手段を取ればいいですしね。

 

 

皆さんの心が軽くなりますように。

 

 

 


人生に得点をつけてみた

目安時間:約 12分

 

私が仕事の悩みでプレゼントしている

 

無料オンラインスクールの講師・加藤将太さんが

 

人生を点数で表すやり方を紹介していました。

 

 

 

無料オンラインスクールを受講すると

 

人生について、より詳しい話を視聴できます。

 

 

 

加藤将太さんによると人生は以下のように

 

点数で表すことができます。

 

 

 

    お金   :30点

恋人/家族:20点

生活/身体:20点
 やりがい  :10点
 社会関係  :10点
精神的健康:10点
    合計   :100点

 

 

これを1年ごとに100点と考えて、

 

今までの人生に得点をつけます。

 

自分の人生を客観的に見やすくなりますよ。

 

 

 

 

臨床心理士はなの点数は?

 

私も今までの人生に点数をつけてみました。

 

私の場合、0歳から20歳は

 

お金  :10点 (30点)
恋人/家族:  5点 (20点)
生活/身体:20点 (20点)
やりがい  :10点 (10点)
社会関係  :  5点 (10点)
精神的健康:  5点 (10点)
合計  :55点(100点)
※( )内は合計100点のときの内訳です。

 

 

 

物心ついたころから、成人までですね。

 

実家のことで悩むことが多い時期でしたが、

 

やりがいを見い出して

 

若さで乗り切っていましたね。w

 

 

 

お金について

 

おこづかいは周りの友人よりずっと少なかったけれど

 

最低限必要なものは買ってもらえたし

 

大学までの学費も出してもらえました。

 

(大学院は自分で稼ぎながら捻出した)

 

 

 

恋人/家族は、実家が機能不全家族で

 

親は喧嘩するか、ピリピリした環境で

 

頼れないし守ってもらえなかった。

 

ただ、家族が存在すること自体は恵まれているので

 

5点をつけました。

 

 

 

生活/身体について

 

子どもの頃は健康だったし

 

やる気でなんとかしていた(できていた)ので、高得点。

 

 

やりがいについて

 

自分を奮い立たせて

 

未来をよくしようと努力していたので

 

そのときはやりがいを感じていました。

 

 

 

社会関係について

 

一時期、男性が苦手だったけれど

 

だんだん苦手は和らいでいきました。

 

友人がいて、どの時代もそこそこの人間関係を作れていました。

 

 

精神的健康は、機能不全家族の影響で

 

緊張していることが多く安らげなかったので低め。

 

 

 

 

20歳から30代後半は

 

お金  :20点 (30点)
恋人/家族:15点 (20点)
生活/身体:15点 (20点)

やりがい  :10点 (10点)
社会関係  : 5点  (10点)
精神的健康: 5点  (10点)
合計  :70点(100点)

 

 

仕事をして、家庭を持ちました。

 

20歳までの点数よりもあがりましたね。

 

 

 

お金について

 

節約が必要だけど

 

自分たちで生活を考えて使えているので

 

得点が増えました。

 

 

恋人/家族について

 

安定して楽しく過ごせているので、得点が増えました。

 

 

生活/身体は

 

体調の波があるため、得点が減りました。

 

 

やりがいは、仕事では大変なことも多いので

 

少し減りましたが

 

現実的なやりがいを見つけながら過ごしています。

 

 

社会関係は

 

変化に対応するのが苦手ですが

 

なんとかやれているので、この得点です。

 

 

 

 

点数をつけて活用してみよう

 

自分の人生に点数をつけてみると

 

 

「この項目は満足しているな」

 

「この項目をもっとよくしたいな」

 

「この項目は過去より点数が上がったな」

 

「この項目は点数が下がっているな」

 

 

自分がどの項目に満足していて

 

どの項目に不足を感じているかわかりやすくなります。

 

 

もし、点数をよくしたい項目があった場合

 

その項目の点数をあげるために

 

できることを考えていきましょう。

 

 

 

 

それぞれの項目の割合をみていくと

 

お金  :30点
恋人/家族:20点
生活/身体:20点
やりがい  :10点
社会関係  :10点
精神的健康:10点
合計   :100点

 

 

得点の比重で

 

いちばん点数が多いのは

 

お金です。

 

 

 

お金は生きていくうえで必要ですし

 

やりたいことやほしいものがあるときに

 

お金で実現できることはやはり多いです。

 

 

大切な人に贈り物をするときも

 

お金を使って

 

相手の喜ぶものを買ったりしますよね。

 

 

お金をよりたくさん稼ぐことが

 

人生の幸せにつながるのです。

 

 

 

 

 

作成者の加藤翔太さんは、

 

年代や状況にもよりますが

 

まず起業でお金を稼ぐことで

 

お金の得点をのばすことを勧めています。

 

 

 

お金の得点を伸ばすと

 

おのずと他の項目も得点が伸びやすいです。

 

(努力と結果から自信が持てたり

 

人付き合いがよい方向に変化したり

 

今までと異なる人間関係が築けたりする)

 

 

 

加藤将太さんは

 

起業のためのオンライン起業スクールを

 

無料で公開しています。

 

 

 

☆詳細はこちら

 

 

 

このオンライン起業スクールは、

 

後ろ盾や経験、資金がなくてもできる起業について

 

学ぶことができます。

 

 

正社員や公務員など、

 

今後も安定していたり、昇給したりするなら

 

そのままで、いい得点の場合が多いかもしれません。

 

 

しかし、今後に不安があったり

 

仕事について悩んでいたり

 

お金の得点をよくしたいなら

 

このオンライン起業スクールがおすすめです。

 

 

 

メールアドレスまたはLINEの友だち追加だけで

 

受講できるので

 

ぜひ体験してみてくださいね。

 

 

 

☆詳細はこちら


カテゴリ:人生  [コメント:0]

仕事の悩みにおすすめ無料動画プレゼント

目安時間:約 11分

こんにちは!臨床心理士のはなです。

私は臨床心理士・公認心理師の資格を持ち

人の心に関わる仕事をしてきました。

 

夫と子どもと暮らしています。

 

 

そんな私は、疲れやすい体質です。

 

特に冬場は気分も落ち込みやすく

 

疲れやすさが増し、体調不良になりやすく

 

幼児と同じくらい睡眠時間を取ることも多々あります。

 

そのため、フルタイムで働くのは難しいです。

 

 

無理をすれば数ヶ月はフルタイムで働くことも可能かもしれませんが

 

 

疲れて家事や育児が思うようにできなかったり

 

もっと子どもと一緒に過ごしたい気持ちを我慢したり

 

苛立ちを家族にぶつけてしまったり…

 

 

そして、そのうち疲れてガタがくるのが目に見えています。

しかし、これから子育てにお金がかかるし、老後も心配…。

 

お金は必要なので、どう働いたらよいか悩んでいました。

 

 

 

それでも、臨床心理士なら

 

短時間勤務の仕事が見つかると思ったのですが

 

 

日中に短時間働けるような

 

ちょうどいい時間帯の仕事を探すのはとても難しかったです。

 

 

元々求人が少ないのに

 

勤務時間で条件を絞るとほとんどゼロに近かったんです。

 

一体どうすればいいのだろう…。

 

 

私と同じように

 

さまざまな理由でじゅうぶんに働けない方は多いのではないでしょうか?

 

 

    • 病気や体調不良でフルタイムで働けない
    • 育児や介護で働く時間が限られている
    • 自分のペースで気楽に働きたい
    • お金の心配をしたくない
    • なかなか正社員になれない
    • 職場の人間関係でつまづいてしまう
    • 子どもが欲しいけど、仕事をどうしたらよいか悩んでいる
    • もっと子どもと一緒にいたい
    • 副業を考えている
    • なにか資格を取ろうと考えている
    • 起業や在宅での仕事を考えている
    • 子どもがいても働きたい

 

 

 

フルタイムや正社員で働けないとお金の面で不安ですよね。

 

生活や健康、体調を整えることは大事だけど、お金も大事。

 

 

 

私もとても悩みましたし

 

フルタイムで働けない自分を情けなく思ったこともありました。

 

パワフルに働いているママたちを

 

うらやましく思ったこともありました。

 

私はすごく悩んで、起業の道を考え始めました。

 

 

起業について調べていたところ

 

経営コンサルタントの加藤将太さんが主宰する

 

『オンライン起業スクール』を知りました。

 

 

 

このセミナーで起業について勉強し

 

インターネットを利用したビジネスに挑戦し始めました。

 

 

本来、11万円相当のこのスクールを

 

無料で体験することができます!

 

 

ここまで読んでくれたあなたも

 

この無料スクールを受講して

 

成功したり、自信を持って仕事をしたりできることを願っています。

 

 

オンライン起業スクールのメリット・デメリット



【メリット1】無料で起業や経営の考え方や方法が学べる

 

具体的な例を用いているので

 

初心者にもわかりやすい動画になっています。

 

あなたが働かなくても

 

あなたのために働いて収入をもたらしてくれる

 

不労所得の仕組みの作り方をいちから学ぶことができます。


私はたまたま資格を持っていますが

「オンライン起業スクール」を

学んで成功した先輩たちは

資格や学歴、資金や人脈を持っていなかった方がたくさんいます。


資格・学歴・資金・人脈がゼロでも

成功できるのが「オンライン起業スクール」です。

 

 

 

【メリット2】起業センス診断が受けられる

 

動画を学んでいくと、起業に向いているかどうかの

起業センス診断を受けることができます。


本来なら1回5000円する診断が無料で受けられます。

診断を受けると、結果とともにアドバイスがもらえます。


現在の自分が起業にむいているのか

ひとり起業と働く人を抱えての会社経営のどちらが向いているか

メンタルが強いか弱いかなどがわかりますよ。

 

 

【メリット3】人生や気持ちの面についても学べる

 

オンライン起業スクールの無料講座の最後には

「スーパー魅力的人生セミナー」があります。

これは大変おすすめです!

 

むしろ、心理士としては

 

いちばんこれを観てほしい!w

 

今後の人生に役に立つ考え方を教えてもらえますよ。

 

 

 

 

【デメリット1】動画を見ただけではうまくいかない

 

オンライン起業スクールは

私のような初心者でも起業について仕組みや方法をじっくり学べます。


しかし、当たり前ですが

動画をみただけで絶対に起業で成功できるわけではありません。

オンライン起業スクールで

起業に必ず必要な注意点を学べるので

それを元に自分で行動していく必要があります。

 

 

 

 

【デメリット2】有料スクールの宣伝がある

 

オンライン起業スクールを学び進めていくと

後に有料スクール「次世代起業家・経営者アカデミー」の宣伝があります。

なぜなら、このオンライン起業スクールは

有料スクールのための宣伝だからです。


じっくり体験してみて、本当に気に入ったら

有料会員になってほしいという思いで

オンライン起業スクールという無料体験を提供しています。


むしろ、有料会員になるためには

ウェブテストがあり

そのウェブテストを受けて一定の点数を取らなければ

有料会員になれません。


ウェブテストはそれまでの動画を真剣にみていないと

合格できないくらい難しいです。

勝手に有料会員にさせられることはないので

安心してください。

 

 

【デメリット3】学ぶボリューム・量が多い

 

オンライン起業スクールは動画をみて

学ぶ学習が24時間分あります!膨大な量です。

 

 

しかし、講師の加藤将太さんは塾講師の経験者で

初心者にもわかりやすく授業してくれます。


私も始めは、続くかな、途中でやめちゃうかも

なんて思っていたのですが


わかりやすくて興味深いので

すっかりのめり込み、最後まで学ぶことができました。

 

 

 

 

「オンライン起業スクール」の

 

無料プレゼントのおおまかな内容です。

1.リスクなしの起業について学ぶ
 はじめてでもリスクなしの起業の始め方を

 ていねいに学べる動画中心の講座です。

 

2.成功者の考え方を知る
 成功する人の考え方を知り、動画や音声で聞くことで

 あなたも成功する考え方を取り入れることができます。

 

3.自分を知る
 あなたの起業家(働く人)としての適性を診断して

 フィードバックします。

 

 

下のオレンジ色の「無料動画はこちら」をクリックして

LINE友だち追加

 

もしくは 

 

メールアドレスを入力するだけで

受け取ることができます。

 

 

 

スクール講師・加藤将太さんの紹介

 

オンライン起業スクールを運営している

 

加藤将太さんを紹介します。

 

 

京都大学、同大学院MBAを卒業後

 

株式会社NTTデータに入社。

 

その後退職し、新聞配達と塾のバイトで稼ぎながら、読書に集中。

 

なにもない状態から起業しました。

 

複数の事業で億単位の利益をあげ

 

現在は社長や経営コンサルタントとして活躍しています。

 

 

下の動画は

 

加藤翔太さんがテレビに取材された時の映像です。

 

 
 

タグ:  

カテゴリ:仕事 人生  [コメント:0]

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    自己紹介

    心理士はな

    臨床心理士・公認心理師です。機能不全家族で悩みながら育ちました。現在は夫と子どもと暮らしています。私が苦しんでいたように、さまざまな悩みで苦しんでいる人のつらさを和らげたいという気持ちで心理士をしています。くわしいプロフィールはこちらから。

    ページの先頭へ