カウンセリング・相談機関を初めて利用するときの3つのポイント

目安時間:約 8分

初めてカウンセリングや相談機関を利用するのは

 

とても勇気がいることです。

 

(緊張するよね…。ぼくもそうだよ。)

 

 

カウンセリングや相談機関への相談に限りませんが、

 

勇気を出して

 

相談したり助けを求めたりしたのに

 

手をさしのべてもらえなかったら

 

つらいしショックですよね。

 

 

 

相談したり助けを求めて

 

助けてもらえた経験があったら

 

次も同じやり方で助けてもらいやすくなります。

 

 

そのため、相談や助けを求めることのできる人は

 

引き続き助けを求めるハードルが低くなります。

 

 

 

逆に、勇気をだして相談したり助けを求めたりしたのに

 

相談にのってもらえなかったり助けてもらえなかったり

 

 

また、相手が力になれない場合でも

 

納得できる理由がなかったら

 

 

つらいし、次に助けを求めるのをためらうなど

 

助けを求めるハードルが上がってしまいます。

 

 

 

そこで今回は、カウンセリングや相談機関を

 

初めて利用するときに、抑えておきたい

 

3つのポイントをお伝えします。

 

 

 

1.カウンセラーもひとりの人間

 

実は心理士やカウンセラーも

 

初めての相談者に対してはやはり少し緊張しています。

 

(え?私だけ?w)

 

 

初めてだと、どんな方かな?

 

お力になりたいけど、なれるかな?と思うものです。

 

 

 

たとえば、初対面であっても

 

切羽詰まっていたり、苦しくてどうしようもなかったりして

 

助けを求めたい相手に対して

 

怒鳴ったり、逆上したりする場合があります。

 

 

特にカウンセリングや相談にくるかたは

 

つらい思いを抱えているので、それは仕方ないんです。

 

 

 

心理士やカウンセラーはそうせざるを得ない気持ちを

 

理解するよう努めていますし、訓練しています。

 

 

 

しかしながら、訓練で鍛えられている

 

心理士やカウンセラーであっても人間ですから、

 

怒鳴られるとつらいし、怖いんです。

 

そこは人と人との関係ですから当然なんです。

 

 

つらくて難しい場合もあるので

 

可能な範囲でカウンセラーも人間だということを

 

頭のすみに置いておいてくれたら

 

カウンセリングや相談がスムーズにいきやすくなります。

 

 

 

 

2.それぞれの機関で決まっている質問をされる

 

 

相談やカウンセリングに行くと

 

初めにいろいろ質問される場合が多いです。

 

 

なぜなら、それぞれの機関で初めにお会いした

 

利用者(相談者)に対してする質問が決められています。

 

 

その質問の回答は

 

これから行うカウンセリング等に必要だったり

 

機関としてどのようにしたら相談しやすいかなどの

 

運営にいかされたりします。

 

 

なので、答えられる範囲で答えてみてください。

 

 

もちろん、答えたくない場合は

 

「すみません。答えたくないのです。」等、伝えれば大丈夫です。

 

 

なぜ、そんなことを聞くのか

 

どうしても気になったら、質問してみてもいいですね。

 

「なぜ、その質問をするのか教えてもらえますか?」と。

 

 

大抵は「すみません、皆さんにお伺いしてるんです。」

 

「統計で必要なアンケートなので、お伺いしています。」

 

等の回答があると思います。

 

 

 

3.話したいことを紙に書いておく

 

伝えたいことをうまく伝えるのって

 

案外、難しいです。

 

 

特にカウンセリングや相談機関は

 

カウンセリング時間が決まっていることがほとんどです。

 

 

なので、終わった後で

 

しまった!あれを言いたかったのに忘れてた

 

なんてことが起こります。

 

 

 

そのため、事前に伝えたいことを紙に書いてみましょう。

 

紙に書いていくうちに

 

伝えたいことがまとまりますし

 

相談するときに特に伝えたいことがみえてきます。

 

 

カウンセリング前や後にその紙を見返すこともできますね。

 

 

(にゃるほど。相談にいってみてもいいな。猫だから紙に書けないけどね。)

 

 

この3つのポイントを抑えれば、

 

相談しやすくなりますよ。


そのイライラ、本当の気持ちが隠れているかも

目安時間:約 5分

ムカつく、腹立つ、イライラ、苦しい、

 

つらい、寂しい、悲しい…。

 

 

なぜ、こんな気持ちになるのか。

 

 

そんな気持ちに隠された

 

本当の気持ちがあります。

 

 

 

それは

 

 

本当はわかってほしい。

 

優しくしてほしい。

 

大事にしてほしい。

 

愛してほしい。

 

 

そんな気持ちなのかもしれません。

 

 

 

 

なぜ、本当の気持ちが

 

見えなくなって

 

わからなくなってしまうのでしょうか。

 

 

 

本当の気持ちは、心からの願いです。

 

 

心からの願いが叶わないのは

 

つらくて苦しい。

 

 

 

だから、わからないようにフタをする。

 

そうすることで日常を過ごすことができるから。

 

 

日常を過ごすことができるって

 

大切なことだから

 

フタをすることができるのは

 

人間の大事な能力です。

 

 

 

でも、隠された気持ちが

 

ときどき顔をだすことがあります。

 

 

ムカつき、腹立だしさ、イライラ、苦しみ、

 

つらさ、悲しみ、寂しさとして。

 

 

 

そんなサインが顔を出したら

 

自分を大切にしてあげてください。

 

 

そして、落ち着いたら

 

自分の本当の気持ちや願いはなんなのか

 

考えてみてもいいですね。

 

 

 

私も本当の気持ちが見えなくなることがあります。

 

忙しいときなんかは特に

 

本当の気持ちが見えなくなります。

 

 

 

仕事、家事、育児に追われて

 

目の前のことをこなすので精一杯で

 

ついイライラしたり…。

 

 

 

そういうときは

 

なるべく自分を大切にするよう心がけます。

 

 

家事はできる限りやらない!w

 

掃除は後回しで食事は出来合いのものにして

 

自分が休んだり、リラックスしたり

 

リフレッシュしたりする時間を作るようにします。

 

 

 

「疲れてるから、今から私は寝るね」と

 

家族に宣言することもあります。

 

 

疲れやイライラがたまったときは

 

何も言わずにふて寝してしまうこともありますが(おいw)

 

 

私も練習中です。

 

一緒に自分や自分の本当の気持ちを

 

大切にしてみませんか?


自分も他人も許せなかった〜機能不全家族で育った影響〜

目安時間:約 5分

私は機能不全家族で育ちました。

 

 

子どもの頃は、親の機嫌や様子に気をつけて

 

家庭の雰囲気を明るく楽しくしようと

 

ピエロ役をしていました。

 

 

それで家族の雰囲気がよくなるのが嬉しかったし

 

役に立ててる喜びがあった。

 

 

 

でも、成長するにつれてだんだんと

 

自分の家族はおかしいと気づきます。

 

 

私が努力して

 

家庭の雰囲気をよくしようとしていたことは無駄だった。

 

 

家族のために頑張ってきたのに

 

親は私を大切にしてくれていない。

 

 

こうして親を許せなくなりました。

 

 

そして、私は私自身を

 

自分はだめな家族で生まれ育った悪い子だから

 

もっと頑張らなくては。

 

 

家族が悪いと思いつつ

 

自分のせいだ、自分が悪いという気持ちも

 

抱えていました。

 

 

自分が失敗したら自分のせいだから

 

努力してよくしよう、よくできる。

 

 

できないのは自分のせい。

 

もっと頑張るしかない。

 

 

若さもあってか本気で思っていました。

 

 

いま振り返ると

 

ものすごく苦しい生き方だよね…。

 

いばらの道を突き進んでいた…!w

 

 

この頑張りが他のいい方向に向いていれば

 

報われたんだろうけど

 

 

ただただ自分や他人に厳しいだけで

 

報われなくて、苦しくなっていました。

 

 

 

自分が悪いのかもしれない

 

自分のせいかもしれない

 

 

という思いが捨てきれず、がんじがらめになり

 

自分に厳しくするのをやめられませんでした。

 

 

 

どうやって抜け出せたのか?

 

心理学や家族関係について学び

 

自分と家族を客観的に見つめる力を養いました。

 

 

 

すると、時間はかかったけれど

 

私は悪くなかった、

 

親は親の人生を生きていて

 

私が親を変えるのは非常に困難であること、

 

私のせいだと思わなくていいことがわかりました。

 

 

 

そうして、自分を許せるようになっていきました。

 

自分を許して、自分を大切にすることで

 

周りを許せるようになっていきました。

 

 

もしも、同じような境遇で苦しんでいるかたがいたら

 

自分を責めなくていいと気づいてほしい。

 

そして、自分に優しくしてください。

 

 

寒かったら暖かくして、暑かったら涼しくして、

 

お腹が空いたらおいしいものを食べて。

 

 

自分を大切にしてみてください。


何度も謝ってしまうのはなぜ?〜機能不全家族で育った影響〜

目安時間:約 5分

この間、久しぶりにわが家で

 

すき焼きをしました。

 

 

家族も私も、久しぶりのすき焼きに

 

ウキウキわくわく。

 

 

しかし、なんと私

 

炊飯器のふたを開けたまま

 

ごはんを炊いていましたwww

 

 

ショック…。

 

すき焼きに白いごはんがないなんて…。

 

 

ごはんはカピカピに乾いて

 

固くなっていました。

 


私は家族に「ごめん!ごめん!」と謝りました。

 

家族は笑っていましたが

 

私は繰り返し「ごめん」と言っていました。

 

 

 

普通のごはんの日なら

 

1回の「ごめん」で終わりにしていましたが

 

 

楽しみにしていたすき焼きの日なのにという

 

罪悪感のようなものがあったから

 

謝り倒したんだと思います。

 

 

 

結局カピカピのごはんの下は

 

普通に炊けていましたwよかったw

 

 

結局、すき焼きとごはんを

 

おいしく食べることができました。

 

 

 

このできごとから考えたのは

 

自分がなにか失敗すると

 

「ごめん」と何度も言ってしまうのはなぜ?ということ。

 

 

 

私は「ごめん」と謝ることで

 

相手から「大丈夫だよ。気にしないで。」と

 

言ってほしいと感じていた。

 

 

 

失敗して嫌われていないか不安になるから

 

嫌われていない、大丈夫だという安心がほしい。

 

(今の家族に嫌われてしまうとは思わないけど、

 

昔の経験が私の心に不安を呼び起こしてしまう。)

 

 

 

不安を早く取り除きたい。

 

だから、相手が大丈夫と言うまで何度も謝ってしまう。

 

 

 

そして面倒なことに私は

 

相手にも謝ってよと思ってしまうことがある。

 

 

なぜ、こうなるのか。

 

 

それはやっぱり機能不全家族で育って

 

自分の行動ひとつひとつが

 

 

間違えてないか

 

迷惑をかけてないか

 

役に立てたりして相手にとってよいことか…

 

 

などと厳しく考えていたから。

 

 

 

たまにその頃の癖がでてしまう。

 

 

 

同じように何度も謝ってしまうかたがいたら

 

まずは安心や安全を感じる経験や時間を

 

自分にあげてください。

 

 

安心や安全、リラックスした気持ちって

 

こんな感じなんだな。と。

 

 

そういう経験や時間を重ねることで

 

少しずつ不安から離れられるようになります。

 

ここまで読んでくれてありがとう。

 

私もまた、安心やリラックスの時間を

 

自分にプレゼントしていきます。


アフターコロナの仕事探し

目安時間:約 5分

職場は入ってみないとわからない。

 

ですが、傾向はあります。

 

 

そこで、アフターコロナの現在の就職活動について

 

おすすめを語ります。

 

 

私のブログを見てくださるかたは

 

人間関係や自分に自信がないかたが多いと思うので

 

そのあたりを踏まえておすすめしますね。

 

 

 

コロナウィルスという非常事態で

 

各企業の対応がみえやすくなりました。

 

 

この彼氏でいいのか確認したいときは

 

旅行という非日常に出かけて

 

突発的なトラブルなどに対する

 

彼氏の対応をみるよういいますよねw

 

それと同じです。

 

 

 

社員・従業員に手厚い職場は

 

職場内も穏やかな場合が多いです。

 

 

会社が社員を大切にする社員が非正規、バイトやパートを大切にする

 

という循環が起こりやすいのです。

 

 

 

コロナで就職活動が難しいいま

 

気になる会社はどうか見てみてください。

 

 

例えばスーパーのライフは

 

コロナウィルスのなかで頑張る従業員に

 

手当てや休みを作りました。

 

 

社員や従業員を大変にしている姿勢が伝わってきますよね。

 

 

 

 

応募したい企業があまりない場合

 

この時間をつかって

 

仕事や副業について学ぶこともおすすめです。

 

 

私自身も学んだ、オンライン起業スクールでは

 

11万円相当の内容を無料で学ぶことができます。

 

 

 

 

また、男性へのおすすめの一例になりますが

 

仕事が続かなかったり

 

職場の人間関係に悩みやすかったりする男性は

 

力仕事があること、かつ女性がいる仕事を視野に入れてみるのもいいでしょう。

 

 

力仕事で頼られたり

 

気にかけてもらえたりする場合が多いのです。

 

 

体の特徴として、男性は

 

一般的には女性よりも力があるので

 

 

介護施設や障害者等の施設、配送、郵便局などに

 

目を向けてみるのも手です。

 

 

 

また、女性のなかには

 

世話焼きな人がいることが多いです。

 

 

あなたが真面目にコツコツと取り組む姿を

 

みていてくれる場合が多いです。

 

 

 

ただ下心は見破られてしまう場合があるので

 

下心はださずに、しっかり仕事に取り組んでくださいね。

 

 

あなたにとってよい仕事が見つかりますように。

 


カテゴリ:仕事  [コメント:0]

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    自己紹介

    心理士はな

    臨床心理士・公認心理師です。機能不全家族で悩みながら育ちました。現在は夫と子どもと暮らしています。私が苦しんでいたように、さまざまな悩みで苦しんでいる人のつらさを和らげたいという気持ちで心理士をしています。くわしいプロフィールはこちらから。

    ページの先頭へ