自分も他人も許せなかった〜機能不全家族で育った影響〜

目安時間:約 5分

私は機能不全家族で育ちました。

 

 

子どもの頃は、親の機嫌や様子に気をつけて

 

家庭の雰囲気を明るく楽しくしようと

 

ピエロ役をしていました。

 

 

それで家族の雰囲気がよくなるのが嬉しかったし

 

役に立ててる喜びがあった。

 

 

 

でも、成長するにつれてだんだんと

 

自分の家族はおかしいと気づきます。

 

 

私が努力して

 

家庭の雰囲気をよくしようとしていたことは無駄だった。

 

 

家族のために頑張ってきたのに

 

親は私を大切にしてくれていない。

 

 

こうして親を許せなくなりました。

 

 

そして、私は私自身を

 

自分はだめな家族で生まれ育った悪い子だから

 

もっと頑張らなくては。

 

 

家族が悪いと思いつつ

 

自分のせいだ、自分が悪いという気持ちも

 

抱えていました。

 

 

自分が失敗したら自分のせいだから

 

努力してよくしよう、よくできる。

 

 

できないのは自分のせい。

 

もっと頑張るしかない。

 

 

若さもあってか本気で思っていました。

 

 

いま振り返ると

 

ものすごく苦しい生き方だよね…。

 

いばらの道を突き進んでいた…!w

 

 

この頑張りが他のいい方向に向いていれば

 

報われたんだろうけど

 

 

ただただ自分や他人に厳しいだけで

 

報われなくて、苦しくなっていました。

 

 

 

自分が悪いのかもしれない

 

自分のせいかもしれない

 

 

という思いが捨てきれず、がんじがらめになり

 

自分に厳しくするのをやめられませんでした。

 

 

 

どうやって抜け出せたのか?

 

心理学や家族関係について学び

 

自分と家族を客観的に見つめる力を養いました。

 

 

 

すると、時間はかかったけれど

 

私は悪くなかった、

 

親は親の人生を生きていて

 

私が親を変えるのは非常に困難であること、

 

私のせいだと思わなくていいことがわかりました。

 

 

 

そうして、自分を許せるようになっていきました。

 

自分を許して、自分を大切にすることで

 

周りを許せるようになっていきました。

 

 

もしも、同じような境遇で苦しんでいるかたがいたら

 

自分を責めなくていいと気づいてほしい。

 

そして、自分に優しくしてください。

 

 

寒かったら暖かくして、暑かったら涼しくして、

 

お腹が空いたらおいしいものを食べて。

 

 

自分を大切にしてみてください。


何度も謝ってしまうのはなぜ?〜機能不全家族で育った影響〜

目安時間:約 5分

この間、久しぶりにわが家で

 

すき焼きをしました。

 

 

家族も私も、久しぶりのすき焼きに

 

ウキウキわくわく。

 

 

しかし、なんと私

 

炊飯器のふたを開けたまま

 

ごはんを炊いていましたwww

 

 

ショック…。

 

すき焼きに白いごはんがないなんて…。

 

 

ごはんはカピカピに乾いて

 

固くなっていました。

 


私は家族に「ごめん!ごめん!」と謝りました。

 

家族は笑っていましたが

 

私は繰り返し「ごめん」と言っていました。

 

 

 

普通のごはんの日なら

 

1回の「ごめん」で終わりにしていましたが

 

 

楽しみにしていたすき焼きの日なのにという

 

罪悪感のようなものがあったから

 

謝り倒したんだと思います。

 

 

 

結局カピカピのごはんの下は

 

普通に炊けていましたwよかったw

 

 

結局、すき焼きとごはんを

 

おいしく食べることができました。

 

 

 

このできごとから考えたのは

 

自分がなにか失敗すると

 

「ごめん」と何度も言ってしまうのはなぜ?ということ。

 

 

 

私は「ごめん」と謝ることで

 

相手から「大丈夫だよ。気にしないで。」と

 

言ってほしいと感じていた。

 

 

 

失敗して嫌われていないか不安になるから

 

嫌われていない、大丈夫だという安心がほしい。

 

(今の家族に嫌われてしまうとは思わないけど、

 

昔の経験が私の心に不安を呼び起こしてしまう。)

 

 

 

不安を早く取り除きたい。

 

だから、相手が大丈夫と言うまで何度も謝ってしまう。

 

 

 

そして面倒なことに私は

 

相手にも謝ってよと思ってしまうことがある。

 

 

なぜ、こうなるのか。

 

 

それはやっぱり機能不全家族で育って

 

自分の行動ひとつひとつが

 

 

間違えてないか

 

迷惑をかけてないか

 

役に立てたりして相手にとってよいことか…

 

 

などと厳しく考えていたから。

 

 

 

たまにその頃の癖がでてしまう。

 

 

 

同じように何度も謝ってしまうかたがいたら

 

まずは安心や安全を感じる経験や時間を

 

自分にあげてください。

 

 

安心や安全、リラックスした気持ちって

 

こんな感じなんだな。と。

 

 

そういう経験や時間を重ねることで

 

少しずつ不安から離れられるようになります。

 

ここまで読んでくれてありがとう。

 

私もまた、安心やリラックスの時間を

 

自分にプレゼントしていきます。


履歴書の長所短所がうまく書けない〜機能不全家族で育った影響~

目安時間:約 4分

履歴書に長所短所を書く欄がありますよね。

 

私の場合、機能不全家族で育って

 

無理に頑張っている状態のまま

 

長所短所を捉えていたので

 

 

本来の自分とはズレたまま

 

一生懸命自分を掘り下げていたことがあります。

 

 

そんな私の履歴書の失敗を振り返ります。

 

 

 

 

私は機能不全家族で育って

 

親の機嫌や様子を常に気にしてきました。

 

 

 

その影響で、家庭でも外でも

 

特に目上の人の機嫌を気にするタイプだったので

 

長所を「積極的に人に話しかけて盛り上げるタイプ」

 

と書いていましたww

 

 

 

うん、合ってる!

 

合ってるんだけど、自分が無理して

 

頑張って話しかけてヘトヘトになっちゃってるよねw

 

 

本当はそれ得意ではないんだよねw

 

違う方向で頑張っちゃってるよねw

 

それ若さでなんとかやれてたんだよ〜!

 

 

でも若いから気づかないよね、それもわかるw

 

 

 

書いててちょっと悲しくなりました。

 

画像の猫の表情のようにw

 

けなげだったなぁ(自分で言うかw)

 

 

 

 

こんなふうに機能不全家族で育つと

 

自分自身を捉えるのにズレがでることがあります。

 

 

 

もちろん機能不全家族で育ったとしても

 

ズレがなく、やっていける人はいます。

 

それはとても素晴らしいことだし、うらやましいですw

 

 

 

 

私みたいにズレがある人は

 

気づいた時点で修正していくのがいいでしょう。

 

 

 

私も思いっきりズレがありましたが

 

気付いて修正していきました。

 

 

 

自分を捉えるのって簡単なようで難しいから。

 

 

 

そんなふうに自分のことってなかなかわからないけれど

 

歳を経るごとにわかってくることもあり

 

 

それが人の成熟したさまや

 

人としての厚みをつくっていくんです。

 


相談できないのはなぜ?~機能不全家族で育った影響~

目安時間:約 6分

臨床心理士のはなです。

 

 

機能不全家族で育つと

 

さまざまな弊害が起こりやすくなります。

 

 

 

私自身が機能不全家族で育ったので

 

そのつらさを実感しながら生きてきました。

 

 

話口調で言うなら

 

「あ〜!マジできつかった!もう思い出したくもないわ〜!」

 

ですw口が悪いw

 

お口直しに甘いものをどうぞw↓↓

 

 

機能不全の家庭にいるときは

 

ほとんどいつも緊張状態で

 

親などの家族の機嫌や様子を気にせざるを得ません。

 

 

 

そのため、家庭の外でも緊張していたり

 

人の機嫌や様子を気にしたりしがちです。

 

 

それにより、人を避けるようになったり

 

逆に機嫌を取ろうとしたり

 

イライラしやすかったりします。

 

 

 

これらを他の人に相談すると

 

気持ちが軽くなったり解決したりするどころか

 

余計に辛くなっていました。

 

「親は頑張っているのよ。」

 

「あなたのことを愛しているから厳しくするんだよ。」

 

「あなたが親に優しくしてあげなくちゃ。」

 

 

その人は私や親のためを思って言ってくれました。

 

しかし、その人は普段の私の家庭の様子を

 

実際に見ているわけではありません。

 

 

だから、私の気持ちやつらさを想像するのは

 

その人にとってはとても難しいんです。

 

 

 

その励ましは

 

「あなたの見方がおかしい。親は頑張っているのだから、

 

親に優しくできないあなたが悪い。あなたが努力すべき。」

 

そう言われているようで、余計につらくなりました。

 

 

 

親が嫌でどうしようもないのに。

 

今まで頑張ってきたけれど、うまくいかなかったのに。

 

でもまだ努力が足りない。

 

自分が悪い、恥ずかしい、情けない。

 

 

 

そんなふうに、現実でつらい上に

 

自分はダメな人間だと思う。

 

 

いつもつらくて、つらいのが当たり前になってしまう。

 

相談したい気持ちが湧いても

 

前に相談して辛くなった経験があるから

 

また同じ結果になりそうだと感じる。

 

 

余計に辛くなって消耗するなら

 

今の辛さを淡々とやり過ごすほうがまし。

 

だから相談しない。

 

そんなふうになってしまいました。

 

 

自分で抱え込みやすくなってしまうんですね。

 

 

 

 

今でも相談は苦手です。

 

でも、相談できる内容、相手、時間や場所を選んで

 

相談することはできるようになってきました。

 

できることからでいいんです。

 

大丈夫そうだなと思えるところからやっていけばいいんです。

 

それが自分を守ることにつながります。

 

見極める力をつけていきましょう。

 

 

私は相手をよーく見て

 

滅多なことでは相談しません。

 

 

ネットでヒントや答えを探しますw

 

(仕事はまた別です。仕事で困ったときには相談しています。

 

私、意外とまともなんですよw)

 

 

現在ネットはお手軽かつ調べやすいので、おすすめです。

 

答えが見つからなかったら、また別の手段を取ればいいですしね。

 

 

皆さんの心が軽くなりますように。

 

 

 


機能不全家族で育っても幸せになれる?

目安時間:約 10分

私は、機能不全家族で育ちました。

 

 

両親の仲が悪く

 

毎日のように怒鳴っているか

 

冷戦状態のピリピリしたムードのどちらかでした。

 

 

もうね、本当にきつかった!w

 

(突然の話口調w)

 

 

私がみた限りでは、手をあげることはなかったし

 

離婚しなかったのは不幸中の幸いだったかもしれません。

 

 

 

それでも

 

だんだんと自分の家族は周りとは違う

 

おかしいと気づきました。

 

 

周りの友人たちの家族は仲がよくて羨ましかった。

 

 

なぜだか、周りに家族の仲が悪いことは

 

知られてはいけないような気もしていました。

 

 

なぜか、ちょっと罪悪感。

 

なにも悪いことしてないのにね。

 

 

 

 

そして、いつからか

 

他にも私と同じように悩んでいる人がいるとわかり

 

 

私が幸せになることで

 

同じような人を幸せにしよう!

 

そう決心しました。

 

 

 

自分を幸せにしよう

 

幸せになろうと試行錯誤しながら

 

 

心理学の本を読み、研修やセミナーに行き

 

臨床心理士になり、カウンセラーの仕事をしてきました。

 

 

 

そして、機能不全家族で育ったかたが

 

幸せになるにはどうしたらよいか

 

わかったことがあります。

 

 

 

それは

 

 

こうなったのはあなたのせいではない

 

けど

 

自分の人生だから

 

自分がよくしていこうと腹を決める。

 

 

 

あなたを苦しめた人に対して怒りを持っていてもいい

 

許さなくていい。

 

 

簡単に許せるようだったら

 

ここまで悩んでいないはず。

 

 

 

間違えてほしくないのは

 

なんの助けも借りずに

 

休まずに

 

頑張り続けるのではない ということ。

 

 

 

できるだけ

 

自分を、安全で安心できる場所や状況にいさせてあげて

 

自分に優しくしてあげてください。

 

 

お腹がすいたら

 

おいしいものを食べて

 

お腹を満たして

 

 

寒かったら

 

暖かい服を着せてあげて

 

暖かいスープを飲んで

 

 

 

疲れたら

 

休んで

 

 

今日いちにち過ごした自分を

 

褒めて

 

 

そうやって自分を大切にしてみましょう。

 

 

 

自分を安心させる、ほっとさせるような

 

そんな経験をたくさんさせてあげましょう。

 

 

 

これまでの大変だった出来事は変えられない

 

だけど、今とこれからは

 

あなた自身であなたに

 

安心できる経験、よい経験を

 

させてあげられます。

 

 

 

そのひとつひとつを積み重ねることで

 

とてもゆっくりかもしれないけれど

 

あなたの幸せにつながっていきます。

 

 

 

 

なぜなら

 

安心できる経験を多くすると

 

安心することに違和感がなくなって

 

居心地よくなります。

 

 

 

すると、安心できないことに対して

 

違和感を感じるようになります。

 

 

人間関係においても

 

安心できない人に違和感を感じるようになっていきます。

 

 

そうなれば、よくない人を遠ざけることができるし、

 

安心できる暖かな人間関係を築きやすくなります。

 

 

 

私は何度も投げ出したくなるほど、時間がかかりました。

 

けれど、それでもやっぱり

 

 

幸せになるんだ

 

自分にいい経験をさせてやるんだ

 

 

そして臨床心理士になって

 

同じような人を助けるんだ

 

 

そう思い直して

 

どうにかやってきました。

 

 

 

そして、いま

 

 

昔の自分とくらべてみたら

 

ずいぶん自分を幸せにしてあげられたなと

 

自信をもっていえます。

 

 

 

そりゃあ、過去の私のことを考えると

 

 

なんであんなことしたんだ~!

 

こうすればよかったのに~!!

 

ああしたらうまくいったのに~!!!

 

 

そう思うことはたくさんあります。(あるんかい!w)

 

 

 

でも、過去に戻ることはできません。

 

 

過去に戻ってやり直す妄想なら

 

何回もしたよ。

 

でも、何度やっても過去には戻れなかったので

 

諦めましたw

 

 

 

それに、経験をしたから

 

わかったことだってある。

 

 

それをこれからの自分に活かして

 

みんなにも還元できたら

 

それが一番いい。

 

 

 

いまだって

 

いろいろなことで悩んだり

 

くよくよしたりもするけれど

 

 

そんなダメな自分も

 

人間っぽくて悪くないなと思えます。

 

 

 

つたない文章だけど、ここまで読んでくれてありがとう。

 

あなたがあなたの思うように幸せになれますように。

 

 

きっと幸せになれます。

 

 

 


最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    自己紹介

    心理士はな

    臨床心理士・公認心理師です。機能不全家族で悩みながら育ちました。現在は夫と子どもと暮らしています。私が苦しんでいたように、さまざまな悩みで苦しんでいる人のつらさを和らげたいという気持ちで心理士をしています。くわしいプロフィールはこちらから。

    ページの先頭へ