アフターコロナの仕事探し

目安時間:約 5分

職場は入ってみないとわからない。

 

ですが、傾向はあります。

 

 

そこで、アフターコロナの現在の就職活動について

 

おすすめを語ります。

 

 

私のブログを見てくださるかたは

 

人間関係や自分に自信がないかたが多いと思うので

 

そのあたりを踏まえておすすめしますね。

 

 

 

コロナウィルスという非常事態で

 

各企業の対応がみえやすくなりました。

 

 

この彼氏でいいのか確認したいときは

 

旅行という非日常に出かけて

 

突発的なトラブルなどに対する

 

彼氏の対応をみるよういいますよねw

 

それと同じです。

 

 

 

社員・従業員に手厚い職場は

 

職場内も穏やかな場合が多いです。

 

 

会社が社員を大切にする社員が非正規、バイトやパートを大切にする

 

という循環が起こりやすいのです。

 

 

 

コロナで就職活動が難しいいま

 

気になる会社はどうか見てみてください。

 

 

例えばスーパーのライフは

 

コロナウィルスのなかで頑張る従業員に

 

手当てや休みを作りました。

 

 

社員や従業員を大変にしている姿勢が伝わってきますよね。

 

 

 

 

応募したい企業があまりない場合

 

この時間をつかって

 

仕事や副業について学ぶこともおすすめです。

 

 

私自身も学んだ、オンライン起業スクールでは

 

11万円相当の内容を無料で学ぶことができます。

 

 

 

 

また、男性へのおすすめの一例になりますが

 

仕事が続かなかったり

 

職場の人間関係に悩みやすかったりする男性は

 

力仕事があること、かつ女性がいる仕事を視野に入れてみるのもいいでしょう。

 

 

力仕事で頼られたり

 

気にかけてもらえたりする場合が多いのです。

 

 

体の特徴として、男性は

 

一般的には女性よりも力があるので

 

 

介護施設や障害者等の施設、配送、郵便局などに

 

目を向けてみるのも手です。

 

 

 

また、女性のなかには

 

世話焼きな人がいることが多いです。

 

 

あなたが真面目にコツコツと取り組む姿を

 

みていてくれる場合が多いです。

 

 

 

ただ下心は見破られてしまう場合があるので

 

下心はださずに、しっかり仕事に取り組んでくださいね。

 

 

あなたにとってよい仕事が見つかりますように。

 


カテゴリ:仕事  [コメント:0]

仕事の悩みにおすすめ無料動画プレゼント

目安時間:約 11分

こんにちは!臨床心理士のはなです。

私は臨床心理士・公認心理師の資格を持ち

人の心に関わる仕事をしてきました。

 

夫と子どもと暮らしています。

 

 

そんな私は、疲れやすい体質です。

 

特に冬場は気分も落ち込みやすく

 

疲れやすさが増し、体調不良になりやすく

 

幼児と同じくらい睡眠時間を取ることも多々あります。

 

そのため、フルタイムで働くのは難しいです。

 

 

無理をすれば数ヶ月はフルタイムで働くことも可能かもしれませんが

 

 

疲れて家事や育児が思うようにできなかったり

 

もっと子どもと一緒に過ごしたい気持ちを我慢したり

 

苛立ちを家族にぶつけてしまったり…

 

 

そして、そのうち疲れてガタがくるのが目に見えています。

しかし、これから子育てにお金がかかるし、老後も心配…。

 

お金は必要なので、どう働いたらよいか悩んでいました。

 

 

 

それでも、臨床心理士なら

 

短時間勤務の仕事が見つかると思ったのですが

 

 

日中に短時間働けるような

 

ちょうどいい時間帯の仕事を探すのはとても難しかったです。

 

 

元々求人が少ないのに

 

勤務時間で条件を絞るとほとんどゼロに近かったんです。

 

一体どうすればいいのだろう…。

 

 

私と同じように

 

さまざまな理由でじゅうぶんに働けない方は多いのではないでしょうか?

 

 

    • 病気や体調不良でフルタイムで働けない
    • 育児や介護で働く時間が限られている
    • 自分のペースで気楽に働きたい
    • お金の心配をしたくない
    • なかなか正社員になれない
    • 職場の人間関係でつまづいてしまう
    • 子どもが欲しいけど、仕事をどうしたらよいか悩んでいる
    • もっと子どもと一緒にいたい
    • 副業を考えている
    • なにか資格を取ろうと考えている
    • 起業や在宅での仕事を考えている
    • 子どもがいても働きたい

 

 

 

フルタイムや正社員で働けないとお金の面で不安ですよね。

 

生活や健康、体調を整えることは大事だけど、お金も大事。

 

 

 

私もとても悩みましたし

 

フルタイムで働けない自分を情けなく思ったこともありました。

 

パワフルに働いているママたちを

 

うらやましく思ったこともありました。

 

私はすごく悩んで、起業の道を考え始めました。

 

 

起業について調べていたところ

 

経営コンサルタントの加藤将太さんが主宰する

 

『オンライン起業スクール』を知りました。

 

 

 

このセミナーで起業について勉強し

 

インターネットを利用したビジネスに挑戦し始めました。

 

 

本来、11万円相当のこのスクールを

 

無料で体験することができます!

 

 

ここまで読んでくれたあなたも

 

この無料スクールを受講して

 

成功したり、自信を持って仕事をしたりできることを願っています。

 

 

オンライン起業スクールのメリット・デメリット



【メリット1】無料で起業や経営の考え方や方法が学べる

 

具体的な例を用いているので

 

初心者にもわかりやすい動画になっています。

 

あなたが働かなくても

 

あなたのために働いて収入をもたらしてくれる

 

不労所得の仕組みの作り方をいちから学ぶことができます。


私はたまたま資格を持っていますが

「オンライン起業スクール」を

学んで成功した先輩たちは

資格や学歴、資金や人脈を持っていなかった方がたくさんいます。


資格・学歴・資金・人脈がゼロでも

成功できるのが「オンライン起業スクール」です。

 

 

 

【メリット2】起業センス診断が受けられる

 

動画を学んでいくと、起業に向いているかどうかの

起業センス診断を受けることができます。


本来なら1回5000円する診断が無料で受けられます。

診断を受けると、結果とともにアドバイスがもらえます。


現在の自分が起業にむいているのか

ひとり起業と働く人を抱えての会社経営のどちらが向いているか

メンタルが強いか弱いかなどがわかりますよ。

 

 

【メリット3】人生や気持ちの面についても学べる

 

オンライン起業スクールの無料講座の最後には

「スーパー魅力的人生セミナー」があります。

これは大変おすすめです!

 

むしろ、心理士としては

 

いちばんこれを観てほしい!w

 

今後の人生に役に立つ考え方を教えてもらえますよ。

 

 

 

 

【デメリット1】動画を見ただけではうまくいかない

 

オンライン起業スクールは

私のような初心者でも起業について仕組みや方法をじっくり学べます。


しかし、当たり前ですが

動画をみただけで絶対に起業で成功できるわけではありません。

オンライン起業スクールで

起業に必ず必要な注意点を学べるので

それを元に自分で行動していく必要があります。

 

 

 

 

【デメリット2】有料スクールの宣伝がある

 

オンライン起業スクールを学び進めていくと

後に有料スクール「次世代起業家・経営者アカデミー」の宣伝があります。

なぜなら、このオンライン起業スクールは

有料スクールのための宣伝だからです。


じっくり体験してみて、本当に気に入ったら

有料会員になってほしいという思いで

オンライン起業スクールという無料体験を提供しています。


むしろ、有料会員になるためには

ウェブテストがあり

そのウェブテストを受けて一定の点数を取らなければ

有料会員になれません。


ウェブテストはそれまでの動画を真剣にみていないと

合格できないくらい難しいです。

勝手に有料会員にさせられることはないので

安心してください。

 

 

【デメリット3】学ぶボリューム・量が多い

 

オンライン起業スクールは動画をみて

学ぶ学習が24時間分あります!膨大な量です。

 

 

しかし、講師の加藤将太さんは塾講師の経験者で

初心者にもわかりやすく授業してくれます。


私も始めは、続くかな、途中でやめちゃうかも

なんて思っていたのですが


わかりやすくて興味深いので

すっかりのめり込み、最後まで学ぶことができました。

 

 

 

 

「オンライン起業スクール」の

 

無料プレゼントのおおまかな内容です。

1.リスクなしの起業について学ぶ
 はじめてでもリスクなしの起業の始め方を

 ていねいに学べる動画中心の講座です。

 

2.成功者の考え方を知る
 成功する人の考え方を知り、動画や音声で聞くことで

 あなたも成功する考え方を取り入れることができます。

 

3.自分を知る
 あなたの起業家(働く人)としての適性を診断して

 フィードバックします。

 

 

下のオレンジ色の「無料動画はこちら」をクリックして

LINE友だち追加

 

もしくは 

 

メールアドレスを入力するだけで

受け取ることができます。

 

 

 

スクール講師・加藤将太さんの紹介

 

オンライン起業スクールを運営している

 

加藤将太さんを紹介します。

 

 

京都大学、同大学院MBAを卒業後

 

株式会社NTTデータに入社。

 

その後退職し、新聞配達と塾のバイトで稼ぎながら、読書に集中。

 

なにもない状態から起業しました。

 

複数の事業で億単位の利益をあげ

 

現在は社長や経営コンサルタントとして活躍しています。

 

 

下の動画は

 

加藤翔太さんがテレビに取材された時の映像です。

 

 
 

タグ:  

カテゴリ:仕事 人生  [コメント:0]

職場の人間関係がつらい

目安時間:約 8分

職場にいる人が嫌だ、合わない

 

悪口を言う人がいる

 

怒ったり怒鳴ったりする人がこわい

 

人間関係がつらくて辞めたい…

 

 

 

 

私にも経験があります。

 

日々、仕事で顔を合わせなくてはならないので

 

とてもつらいんですよね…。

 

帰宅しても思い出したりして

 

ものすごく凹んだり

 

落ち込んだりしていましたよ。

 

 

 

職場におけるストレスの原因の第一位が

 

「職場の人間関係」というデータもあります。

 

仕事での人間関係の悩む人はとても多いですね。

 

 

眠れない

 

食べられない

 

ふさぎ込むようになった

 

 

などの症状があるかたは

 

心療内科の受診をおすすめします。

 

 

 

 

いまの困った人間関係がうまくいったり

 

解消できたらいいですよね。

 

 

 

人間関係は自分と相手の双方が

 

おたがいに気持ちのよいやりとりができるとよいのですが

 

なかなか難しい場合もあります。

 

 

 

 

そこであなたが努力することで

 

関係がよくなる場合もあります。

 

 

以下の点ができているかどうか

 

チェックしてみてください。

 

 

まずは、きちんと仕事をすること

 

そして

 

相手のフォローをすることです。

 

 

 

 

まず、自分の仕事をきちんとやる。

 

挨拶や仕事のホウレンソウ(報告・連絡・相談)をする。

 

決められた仕事を不足のないように

 

しっかりと行う。

 

 

 

 

そして、相手の仕事をフォローする。

 

相手が大変なときや自分に余裕があるときに手伝うこと。

 

(ただし、相手が仕事をしなくて困っている場合などは

 

フォローは対処として合わないため

 

別の方法がよいです。)

 

 

 

これは相手と仲良くなろう、好かれようとするのではなく、

 

仕事の面で相手から、あなたがいて助かると

 

思われることを目指すようにしましょう。

 

 

 

 

仕事は多かれ少なかれ責任を感じるもの。

 

実はこの責任を感じるせいで(本人は意識していなくても)

 

仕事中にイライラしている人も案外多いのです。

 

 

 

その責任を軽くしてくれたり、

 

助けてくれたりすると

 

やはりありがたいものです。

 

 

 

 

そのおかげで相手はあなたへ対等に向き合いますし、

 

あなたが困ったときには

 

手伝ってくれることもあるでしょう。

 

 

 

つまり、まわりまわって

 

あなたが働きやすくなることにつながります。

 

 

そのうえで、自分ではどうにもできなかったり

 

自分だけでは難しい相手であったり

 

相手に落ち度があったりするのであれば

 

以下の選択があります。

 

 

 

 

理解があって味方になってくれそうな

 

上司や同僚に相談してみるのも手です。

 

 

人員配置や部署異動、席の移動など

 

工夫できることがあるかもしれません。

 

 

 

また、つらくてどうしようもないときは

 

原因から離れる・逃げるという手段もあります。

 

 

具体的には、

 

つらいときは仕事をお休みする、

 

部署異動を希望する、

 

退職・転職活動をする等の方法があります。

 

 

 

つらい状況に気づいて離れる、

 

これは人間の大切な能力です。

 

 

 

逃げたっていいんです。

 

逃げて逃げて、

 

「私はもうだめだ」と

 

思いつめて苦しんで動けなくても

 

 

その後少しずつ少しずつ力をたくわえて

 

立ち上がって立派に暮らしている人はたくさんいます。

 

 

 

 

勤めに出る際は人間関係がつきものです。

 

仕事の人間関係で悩むのはもう嫌だという方は

 

 

ゼロからできる起業という選択肢もあります。

 

無料オンラインスクールを試してみてはいかがでしょうか?

 

ただいま無料で動画をプレゼントしています。


カテゴリ:仕事  [コメント:0]

仕事でつまづくのは、発達障害だから?

目安時間:約 9分

もしかして、発達障害?

 

正社員を辞める前

 

私は仕事がうまくできないことに悩んでいました。

 

 

他の人は仕事ができるのに

 

私はできない。

 

 

こんなに仕事ができないなんで

 

もしかして自分は発達障害なのではと

 

疑ったことがあります。

 

 

 

 

プロフィールにもありますが

 

私は機能不全家族で育ちました。

 

 

私の両親は不仲で

 

険悪なムードだったため

 

両親の機嫌や様子をすごく気にしていました。

 

 

 

私はどうにか家族の仲をとりもとうとしていました。

 

それもあまりうまくいかず、

 

ある時期からはなるべく

 

両親との関わりを避けて過ごしていました。

 

 

 

そのため、人との関係で

 

お互いに気持ちのよい関わりが難しい面がありました。

 

 

私は目上の人で、きつそうだったり

 

無愛想だったりする人との関わりが

 

すごく苦手だったのです。

 

 

それでも学生時代は同い年と過ごすことが圧倒的に多いため

 

目上の人と単独で関わることが

 

あまりないまま過ごしていました。

 

 

関わるにしても学校や塾の先生と話すとか

 

アルバイト中に社員と話すとか、それくらいです。

 

 

 

アルバイトは社員が多いところで働いたこともありますが

 

学生だからと多めにみて

 

優しく対応してくれていたと思います。

 

 

だけど私は

 

バイトを頑張ったから大丈夫!

 

社会人になってもやっていける!

 

なんて自信があったんです。w

 

あ~今思うと、ちょっと恥ずかしい。w

 

 

 

それから社会人になり

 

初めて正社員で週5日8時間で勤めました。

 

 

会社では新入社員として

 

一緒に入社した同期とは離れ離れ。

 

 

 

周りは年上の人ばかりで

 

特に親世代の人が多かったのです。

 

 

ただでさえ、仕事を覚えたり

 

会社に慣れるのに精一杯なのに

 

 

親と同じような目上の人を苦手としていた私にとって

 

緊張してばかりでした。

 

 

この頃、私は仕事ができないあまり

 

自分が発達障害なのではと疑いました。

 

(仕事柄検査してみたところ

 

そのような特徴はなかったのですが

 

このときはそれほど追い込まれていました)

 

 

 

発達障害に似た悩みや困りごとがでる

 

実は、虐待を受けることなどにより

 

発達障害を抱える人と同じような

 

悩みや困りごとがでてくることがあります。

 

 

私のように機能不全家族で育った場合も当てはまります。

 

 

 

私は、周りの機嫌を気にしすぎたり

 

コミュニケーションが苦手だったりしてしまうために

 

仕事に集中できず

 

仕事がうまくできないのではと考えています。

 

 

 

虐待のある家庭や機能不全家族のコミュニケーションは

 

一方的であることが多いため

 

双方向のコミュニケーションが

 

うまくできなくなる場合があります。

 

 

学校など外の環境でも

 

コミュニケーションを学べますが

 

それでも家庭という根っこのコミュニケーションの影響は大きいため

 

コミュニケーションの苦手が現れることが多いと感じています。

 

 

 

 

一般に言われる発達障害は

 

アスペルガー障害を含めて自閉症スペクトラム障害の一部なのですが

 

相互的な対人関係の障害

 

コミュニケーションの障害

 

興味や行動の偏り(こだわり)の

 

3つの典型的な特徴があります。

 

 

 

発達障害でなくても、発達障害と同じように

 

現れやすい悩みや困りごととして

 

 

相互的な対人関係を築くことが難しかったり

 

コミュニケーションが苦手だったりすることがあげられます。

 

 

また、人の機嫌などを気にすることにより

 

興味や行動がどうしても偏ってしまいます。

 

 

 

発達障害を疑う場合、

 

本当に発達障害である場合もありますし

 

育った環境の影響から起きている場合もあります。

 

 

 

どちらにしても、

 

まずは頑張っている自分を労ってあげてください。

 

あなたはよくやっています。

 

 

その上で、やはり発達障害なのではと感じるなら

 

発達障害に詳しい心療内科・精神科に相談してみてください。

 

 

 

上記の方はもちろん

 

苦しいのは虐待や機能不全家族による影響かも…と感じる方や

 

仕事がうまくいかなくて悩んでいる方も

 

 

このブログでも工夫できる点などの記事や

 

仕事の無料動画プレゼントがありますので

 

ぜひ読んでみてくださいね。

 


カテゴリ:仕事  [コメント:0]

仕事ができない、仕事が遅い

目安時間:約 9分

仕事で失敗して怒られてしまう。

 

一生懸命頑張るけれど、ミスしてしまう。

 

 

自分もしまった、間違えた、申し訳ないと

 

ガックリしているのに

 

さらに怒られたりするとつらいですよね。

 

 

 

 

私も仕事ができなかった


以前の私にもありました。

 

 

初めて就職した会社で

 

私は周りの上司や先輩の機嫌ばかりを気にしてしまい

 

仕事がうまくいかず

 

辛かった経験があります。

 

 

 

人の機嫌を気にして、右往左往して

 

仕事が二の次になっていることを

 

周りに見抜かれていたんです。

 

それか、なんか変な奴と思われていたのでしょうw

 

 

 

 

その頃の私は仕事も真剣にやっているつもりでしたが

 

周りの人の機嫌を気にすることで

 

仕事に集中できていない時間ができてしまい

 

その結果、仕事が遅くなって周りに迷惑をかけていました。

 

 

 

その頃の私と同じように

 

 

仕事がうまくできなかったり

 

ミスを繰り返したり

 

仕事が遅かったりする

 

 

そんなときの解決策をみていきましょう。

 

 

 

 

1.仕事に真摯に取り組むと腹をくくる

頑張っているあなたの気持ち、よくわかります。

 

 

その場合、以前の私のように

 

 

努力の方向が間違っていたり

 

どこかで諦めている気持ちが

 

周りに伝わっている可能性があります。

 

 

 

うわべだけのやる気は見抜かれてしまいます。

 

 

 

ですが

 

 

本気でできるようになりたい

 

今はできなくても改善したい

 

 

そんな気持ちややる気、姿勢が伝わることで

 

周りの人が見守ってくれたり

 

やる気を見こんで教えてくれたりします。

 

 

 

2.どこができていないのか分析する

せっかく周りにやる気が伝わっても、

 

仕事が全く上達しないとなると悲しいですよね。

 

 

 

仕事のどういったところでなにをミスしてしまうのか、

 

そのミスを防ぐためになにをすればよいのか。

 

 

 

それを見つけて改善していく姿勢を持ちましょう。

 

 

たとえば仕事を教わったときに

 

メモをとっているか、

 

メモは見返したときにわかるように書けているか、

 

聞いてもわからないことは質問してわかるように努力しているか、

 

メモをもとに実践できるようなメモをとれているかなど

 

 

 

メモひとつでも苦手な点だったり、

 

見落としている点があったりする場合があります。

 

 

 

3.苦手をカバーする工夫をしよう

もしメモを取ることやメモをもとに仕事をすることが苦手なら

 

 

教えてもらうときに声に出して復唱したり、

 

「実は少し苦手な仕事なので、

 

この仕事をする1回目は一緒に見ていてもらえますか?」と

 

教えてもらいやすい工夫をしたりしてみましょう。

 

 

 

4.仕事を変える

この仕事がどうしても合わない、ひどく怒られるなどして、

 

できるようになる前に体調を崩しそう。

 

 

そんな場合は最終手段として

 

配置転換の希望をだしたり

 

転職したりする選択肢があります。

 

 

 

また、起業や在宅での仕事という選択肢もあります。

 

組織で仕事をするのがつらい、向いていないと感じる方は

 

一度、起業センス診断を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

組織で働くのが苦手な場合

 

起業して自分で仕事をしたり

 

在宅で仕事をしたりするほうが

 

向いている方もいるでしょう。

 

 

 

 

オンライン起業スクールでは、

 

無料で起業センス診断を受けられます。

 

 

 

 

起業センス診断を受けることで

 

自分は起業に向いているのか

 

起業に必要な知識をどれくらい持っているのか

 

知ることができます。

 

 

 

起業センス診断を無料で受けられる

 

オンライン起業スクールはこちら

仕事の悩みにおすすめ無料動画プレゼント

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

2、どこができていないのかの分析と

 

3、苦手をカバーする工夫、

 

4.仕事を変える

 

上の3つは、それぞれの人や状況によってさまざまです。

 

 

 

やってみようかなと思えるところから

 

チャレンジしてみてくださいね。

 

 

 


カテゴリ:仕事  [コメント:0]

正社員を辞めたときの話

目安時間:約 7分

私は新卒で勤めた会社で体調を崩し、1年で退職しました。

 

 

その頃の私は必死で考えて決断したから

 

仕方ないなと思う反面

 

 

 

いま冷静に考えると

 

退職を早く決断せず

 

じっくり考えれば

 

よかったです。

 

 

今の私なら早く退職を決断してしまうのではなく

 

休職期間をのばしたり

 

時短勤務したりして

 

少しずつ仕事に復帰する選択肢をとるでしょう。

 

 

 

 

その頃は体調の悪化とともにマイナス思考がひどくなり

 

会社や上司や先輩、同僚に申し訳ない気持ちと

 

 

働けずに役に立てない自分が恥ずかしくて

 

消えてしまいたい気持ちでいっぱいでした。

 

 

役に立てない自分はきっと嫌がられているんだろうな

 

こんな自分が恥ずかしくて情けない…。

 

そう思っていました。

 

かなりのマイナス思考ですね…。

 

 

 

私はこのような状態で、会社に留まる自信がありませんでした。

 

機能不全家族で育ち、支えが少ない私が

 

仕事でつまづいていたり、休職したり、退職したりすることは

 

周りの人に嫌われたり

 

疎まれたりする不安があって怖かったです。

 

 

 

また、自信をなくしていた私は

 

これから少しずつ仕事ができるようになる未来が描けませんでした。

 

 

異動も提案されましたが

 

異動した先でも仕事ができなかったらどうしよう

 

そうしたら、完全に自信をなくしてしまう

 

そう感じていました。

 

辞めるにしても

 

今まで頑張って人生のレールを進んできたのに

 

みんなと同じように頑張ってきたのに

 

人生のレールから完全に外れてしまった

 

そう落ち込みました。

 

 

 

こうして退職しましたが

 

その後、体調を治して、別の職場で働くことができました。

 

 

 

 

もし正社員を辞めたくなったら

 

正社員で福利厚生が整っていたり

 

職場環境や給料がよかったりすると

 

辞めるのはもったいない面はやはりあります。

 

 

ですが、その面と比べて

 

会社がブラック企業だったり

 

心身の体調を崩してたりすると

 

会社を続けるか辞めるか考えたほうがよいでしょう。

 

 

 

そして、心身の体調を崩しているなら

 

今すぐ休んでください。

 

 

仕事をする人の代わりはいますが

 

あなたの代わりはいません。

 

 

心の状態がよくないなら

 

心療内科や精神科に行ってみましょう。

 

 

その際、診察がすぐに終わってしまうのではなく、

 

話をじっくり聞いてくれる病院を探すのがおすすめです。

 

 

また、インターネットの口コミは

 

全部はうのみにできないのですが

 

参考にしてみてください。

 

 

 

病院に行くのが難しければ

 

まず自治体(市町村・都道府県)や

 

国の電話等の相談を利用するのも手です。

 

 

 

職場については

 

体調を崩していても、休めるのであれば

 

 

それぞれのペースに合わせて復帰に向けて段階を踏んでくれるのか

 

復帰しても快く働きやすいか等を

 

判断してから退職を考えても遅くはありません。

 

 

 

たとえばうつ病などの心の病気の場合

 

一時的に判断力が落ちていることが多いため

 

大きな決断はしないほうがいいです。

 

 

自分に自信がない、自分は仕事ができないと感じている場合

 

心療内科やカウンセリングも有効です。

 

 

話せそうなところに相談してみてくださいね。


最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    自己紹介

    心理士はな

    臨床心理士・公認心理師です。機能不全家族で悩みながら育ちました。現在は夫と子どもと暮らしています。私が苦しんでいたように、さまざまな悩みで苦しんでいる人のつらさを和らげたいという気持ちで心理士をしています。くわしいプロフィールはこちらから。

    ページの先頭へ