自分も他人も許せなかった〜機能不全家族で育った影響〜

目安時間:約 5分

私は機能不全家族で育ちました。

 

 

子どもの頃は、親の機嫌や様子に気をつけて

 

家庭の雰囲気を明るく楽しくしようと

 

ピエロ役をしていました。

 

 

それで家族の雰囲気がよくなるのが嬉しかったし

 

役に立ててる喜びがあった。

 

 

 

でも、成長するにつれてだんだんと

 

自分の家族はおかしいと気づきます。

 

 

私が努力して

 

家庭の雰囲気をよくしようとしていたことは無駄だった。

 

 

家族のために頑張ってきたのに

 

親は私を大切にしてくれていない。

 

 

こうして親を許せなくなりました。

 

 

そして、私は私自身を

 

自分はだめな家族で生まれ育った悪い子だから

 

もっと頑張らなくては。

 

 

家族が悪いと思いつつ

 

自分のせいだ、自分が悪いという気持ちも

 

抱えていました。

 

 

自分が失敗したら自分のせいだから

 

努力してよくしよう、よくできる。

 

 

できないのは自分のせい。

 

もっと頑張るしかない。

 

 

若さもあってか本気で思っていました。

 

 

いま振り返ると

 

ものすごく苦しい生き方だよね…。

 

いばらの道を突き進んでいた…!w

 

 

この頑張りが他のいい方向に向いていれば

 

報われたんだろうけど

 

 

ただただ自分や他人に厳しいだけで

 

報われなくて、苦しくなっていました。

 

 

 

自分が悪いのかもしれない

 

自分のせいかもしれない

 

 

という思いが捨てきれず、がんじがらめになり

 

自分に厳しくするのをやめられませんでした。

 

 

 

どうやって抜け出せたのか?

 

心理学や家族関係について学び

 

自分と家族を客観的に見つめる力を養いました。

 

 

 

すると、時間はかかったけれど

 

私は悪くなかった、

 

親は親の人生を生きていて

 

私が親を変えるのは非常に困難であること、

 

私のせいだと思わなくていいことがわかりました。

 

 

 

そうして、自分を許せるようになっていきました。

 

自分を許して、自分を大切にすることで

 

周りを許せるようになっていきました。

 

 

もしも、同じような境遇で苦しんでいるかたがいたら

 

自分を責めなくていいと気づいてほしい。

 

そして、自分に優しくしてください。

 

 

寒かったら暖かくして、暑かったら涼しくして、

 

お腹が空いたらおいしいものを食べて。

 

 

自分を大切にしてみてください。


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    自己紹介

    心理士はな

    臨床心理士・公認心理師です。機能不全家族で悩みながら育ちました。現在は夫と子どもと暮らしています。私が苦しんでいたように、さまざまな悩みで苦しんでいる人のつらさを和らげたいという気持ちで心理士をしています。くわしいプロフィールはこちらから。

    ページの先頭へ