職場の人間関係がつらい

目安時間:約 8分

職場にいる人が嫌だ、合わない

 

悪口を言う人がいる

 

怒ったり怒鳴ったりする人がこわい

 

人間関係がつらくて辞めたい…

 

 

 

 

私にも経験があります。

 

日々、仕事で顔を合わせなくてはならないので

 

とてもつらいんですよね…。

 

帰宅しても思い出したりして

 

ものすごく凹んだり

 

落ち込んだりしていましたよ。

 

 

 

職場におけるストレスの原因の第一位が

 

「職場の人間関係」というデータもあります。

 

仕事での人間関係の悩む人はとても多いですね。

 

 

眠れない

 

食べられない

 

ふさぎ込むようになった

 

 

などの症状があるかたは

 

心療内科の受診をおすすめします。

 

 

 

 

いまの困った人間関係がうまくいったり

 

解消できたらいいですよね。

 

 

 

人間関係は自分と相手の双方が

 

おたがいに気持ちのよいやりとりができるとよいのですが

 

なかなか難しい場合もあります。

 

 

 

 

そこであなたが努力することで

 

関係がよくなる場合もあります。

 

 

以下の点ができているかどうか

 

チェックしてみてください。

 

 

まずは、きちんと仕事をすること

 

そして

 

相手のフォローをすることです。

 

 

 

 

まず、自分の仕事をきちんとやる。

 

挨拶や仕事のホウレンソウ(報告・連絡・相談)をする。

 

決められた仕事を不足のないように

 

しっかりと行う。

 

 

 

 

そして、相手の仕事をフォローする。

 

相手が大変なときや自分に余裕があるときに手伝うこと。

 

(ただし、相手が仕事をしなくて困っている場合などは

 

フォローは対処として合わないため

 

別の方法がよいです。)

 

 

 

これは相手と仲良くなろう、好かれようとするのではなく、

 

仕事の面で相手から、あなたがいて助かると

 

思われることを目指すようにしましょう。

 

 

 

 

仕事は多かれ少なかれ責任を感じるもの。

 

実はこの責任を感じるせいで(本人は意識していなくても)

 

仕事中にイライラしている人も案外多いのです。

 

 

 

その責任を軽くしてくれたり、

 

助けてくれたりすると

 

やはりありがたいものです。

 

 

 

 

そのおかげで相手はあなたへ対等に向き合いますし、

 

あなたが困ったときには

 

手伝ってくれることもあるでしょう。

 

 

 

つまり、まわりまわって

 

あなたが働きやすくなることにつながります。

 

 

そのうえで、自分ではどうにもできなかったり

 

自分だけでは難しい相手であったり

 

相手に落ち度があったりするのであれば

 

以下の選択があります。

 

 

 

 

理解があって味方になってくれそうな

 

上司や同僚に相談してみるのも手です。

 

 

人員配置や部署異動、席の移動など

 

工夫できることがあるかもしれません。

 

 

 

また、つらくてどうしようもないときは

 

原因から離れる・逃げるという手段もあります。

 

 

具体的には、

 

つらいときは仕事をお休みする、

 

部署異動を希望する、

 

退職・転職活動をする等の方法があります。

 

 

 

つらい状況に気づいて離れる、

 

これは人間の大切な能力です。

 

 

 

逃げたっていいんです。

 

逃げて逃げて、

 

「私はもうだめだ」と

 

思いつめて苦しんで動けなくても

 

 

その後少しずつ少しずつ力をたくわえて

 

立ち上がって立派に暮らしている人はたくさんいます。

 

 

 

 

勤めに出る際は人間関係がつきものです。

 

仕事の人間関係で悩むのはもう嫌だという方は

 

 

ゼロからできる起業という選択肢もあります。

 

無料オンラインスクールを試してみてはいかがでしょうか?

 

ただいま無料で動画をプレゼントしています。


カテゴリ:仕事  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    自己紹介

    心理士はな

    臨床心理士・公認心理師です。機能不全家族で悩みながら育ちました。現在は夫と子どもと暮らしています。私が苦しんでいたように、さまざまな悩みで苦しんでいる人のつらさを和らげたいという気持ちで心理士をしています。くわしいプロフィールはこちらから。

    ページの先頭へ