正社員を辞めたときの話

目安時間:約 7分

私は新卒で勤めた会社で体調を崩し、1年で退職しました。

 

 

その頃の私は必死で考えて決断したから

 

仕方ないなと思う反面

 

 

 

いま冷静に考えると

 

退職を早く決断せず

 

じっくり考えれば

 

よかったです。

 

 

今の私なら早く退職を決断してしまうのではなく

 

休職期間をのばしたり

 

時短勤務したりして

 

少しずつ仕事に復帰する選択肢をとるでしょう。

 

 

 

 

その頃は体調の悪化とともにマイナス思考がひどくなり

 

会社や上司や先輩、同僚に申し訳ない気持ちと

 

 

働けずに役に立てない自分が恥ずかしくて

 

消えてしまいたい気持ちでいっぱいでした。

 

 

役に立てない自分はきっと嫌がられているんだろうな

 

こんな自分が恥ずかしくて情けない…。

 

そう思っていました。

 

かなりのマイナス思考ですね…。

 

 

 

私はこのような状態で、会社に留まる自信がありませんでした。

 

機能不全家族で育ち、支えが少ない私が

 

仕事でつまづいていたり、休職したり、退職したりすることは

 

周りの人に嫌われたり

 

疎まれたりする不安があって怖かったです。

 

 

 

また、自信をなくしていた私は

 

これから少しずつ仕事ができるようになる未来が描けませんでした。

 

 

異動も提案されましたが

 

異動した先でも仕事ができなかったらどうしよう

 

そうしたら、完全に自信をなくしてしまう

 

そう感じていました。

 

辞めるにしても

 

今まで頑張って人生のレールを進んできたのに

 

みんなと同じように頑張ってきたのに

 

人生のレールから完全に外れてしまった

 

そう落ち込みました。

 

 

 

こうして退職しましたが

 

その後、体調を治して、別の職場で働くことができました。

 

 

 

 

もし正社員を辞めたくなったら

 

正社員で福利厚生が整っていたり

 

職場環境や給料がよかったりすると

 

辞めるのはもったいない面はやはりあります。

 

 

ですが、その面と比べて

 

会社がブラック企業だったり

 

心身の体調を崩してたりすると

 

会社を続けるか辞めるか考えたほうがよいでしょう。

 

 

 

そして、心身の体調を崩しているなら

 

今すぐ休んでください。

 

 

仕事をする人の代わりはいますが

 

あなたの代わりはいません。

 

 

心の状態がよくないなら

 

心療内科や精神科に行ってみましょう。

 

 

その際、診察がすぐに終わってしまうのではなく、

 

話をじっくり聞いてくれる病院を探すのがおすすめです。

 

 

また、インターネットの口コミは

 

全部はうのみにできないのですが

 

参考にしてみてください。

 

 

 

病院に行くのが難しければ

 

まず自治体(市町村・都道府県)や

 

国の電話等の相談を利用するのも手です。

 

 

 

職場については

 

体調を崩していても、休めるのであれば

 

 

それぞれのペースに合わせて復帰に向けて段階を踏んでくれるのか

 

復帰しても快く働きやすいか等を

 

判断してから退職を考えても遅くはありません。

 

 

 

たとえばうつ病などの心の病気の場合

 

一時的に判断力が落ちていることが多いため

 

大きな決断はしないほうがいいです。

 

 

自分に自信がない、自分は仕事ができないと感じている場合

 

心療内科やカウンセリングも有効です。

 

 

話せそうなところに相談してみてくださいね。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    自己紹介

    心理士はな

    臨床心理士・公認心理師です。機能不全家族で悩みながら育ちました。現在は夫と子どもと暮らしています。私が苦しんでいたように、さまざまな悩みで苦しんでいる人のつらさを和らげたいという気持ちで心理士をしています。くわしいプロフィールはこちらから。

    ページの先頭へ